大阪・豊中 ワイン&スクール <資格を取得するコースから、楽しみながら学ぶコースまで> TEL&FAX 06-6853-4256 電話受付9:30~19:00(火曜定休)
ホームWhat's New
What's New
What's New:109
2012年12月01日
12月25日(火)は定休日ですが営業します。

年内は31日(月)午後5時まで。

新年は1月5日(土)より営業します。
2012年11月17日
たけや さま こんにちは。

?年ぶりのボージョレ・ヌーヴォー、昨晩さっそくにいただきましたが、あまりの美味しさにちょぴり感動してしまいました。

自分で買った最初のワインが確かボージョレ・ヌーヴォー だったような気がしますが、毎年購入する度に1本分が飲みきれずに必ず残ってしまい、少なくとも1ヶ月くらいは冷蔵庫にそのまま入れっ放しの状態。

そのうち冷蔵庫に入っている瓶が邪魔になって最終的には毎回料理酒行きになってました。

初めて購入したヌーヴォーが少々高めの¥で、ワインの出来が非常に良い年だったこともあり、ボー ジョレ1本目にして非常に美味しかったということを記憶していますが、

ラフォレさんのヌーヴォーはあの時の美味しさを思い起こさせてくれました!

ボージョレ・ヌーヴォーもそれ相応の¥のものなら、こんなにも美味しいんだ!ということを再認識した気がします。

来年もぜひラフォレさんのボージョレ・ヌーヴォー、期待したいと思います。

飲んで1本まともに空けることができなかったことが何年か続いた影響で、ガメイという品種のワインを飲むのに何かと抵抗があったのですが、

今回のヌーヴォーを飲んだおかげでその抵抗がウソのようになくなりました。

最近は栓を開けてからボトルが空になるまで4~5日はかかりますが、

昨晩はすでにボトルの半分が空いてしまいましたよ!

                       *2012.11.16 Aさんよりいただきました。

あと少し在庫がございます。ぜひお買い求めください。

ご注文はこちらから http://takeya.ocnk.net/product/257
2012年11月09日
インターネット申込割引制度のお知らせ!申し込み先着20名様

インターネットのお申込みフォームよりお申込み頂いた方は、

「集中講座」(下記3コースのみ)受講料の一部(3万円引)を免除させていただきます。


<割引後の受講料> 


「集中講座」

A.ソムリエコース(講義+テイスティング&テスト+サービス実技) 162,750円

  ⇒ 132,750円

B.ワインアドバイザーコース(講義+テイスティング&テスト) 152,250円

  ⇒ 122,250円

C.ワインエキスパートコース(講義+テイスティング&テスト)  152,250円

  ⇒ 122,250円


詳しくはこちら http://takeya.ocnk.net/page/5
2012年10月19日


ご予約はこちらから http://takeya.ocnk.net/product/257
2012年10月01日
開催日 2012年10月27日(土) 

会場   緑地駅ビル 8階 会議室 1号室

      大阪府豊中市寺内2-4-1

      (北大阪急行<御堂筋線>緑地公園駅西改札すぐ)

受付          13:05~13:20 

第1部 講習会    13:20~15:50

第2部 検定試験  16:10~16:50


講師   武元 久一 <2009年認定 チーズプロフェッショナル>


詳しくはこちら http://cheesekentei.com/index.html
2012年09月09日


ご予約締切日 10月13日(土)

ご予約はこちらからhttp://takeya.ocnk.net/product/257

2012年08月05日
お盆もお休みせず、通常通り営業しております。

ご来店、ご注文お待ちしております。

2012年07月28日
日時 2012年8月2日(木) 夜7時から

場所 たけや店内<参加人数により変更になる場合があります> 

    豊中市西泉丘1-1-5 06-6853-4256

会費 3,000円ぐらい<ワイン、チーズ、おつまみ代を含む実費>

満月にワインを開けると月の引力の関係で、

いつもと違った味に変化する!のか???

ご興味のある方、ぜひ、ご参加下さい。

「ムロン」以外のワインも飲みます!


詳しくはこちらをご覧ください。(最後の方です)

http://takeya0413.seesaa.net/article/280377093.html
2012年06月29日
初心者の方、大歓迎!

2012年7月~12月まで。毎月1回全6回。

毎回数種類のワインを試飲しながら知識の習得もできます。

会費  6回分一括 18,000円(ワイン・チーズ代含む)

     国際規格テイスティンググラス6個 3,500円

    
会場 ①緑地駅ビル2階 文化センター  定員30名

     大阪府豊中市寺内2‐4‐1 北大阪急行(御堂筋線)緑地公園駅西改札すぐ

                        (新大阪から7分、梅田から13分)

       第3火曜日 11時~12時30分


    ②店舗 定員12名 

      
       第2木曜日 19時~20時30分

        第3木曜日 19時~20時30分


3クラス募集します。ご都合の良いクラスをお選び下さい。

こちらもご覧ください。http://www.ecoletakeya.jp/


お申し込み・お問い合わせ ㈱たけや商店まで

〒561-0862 豊中市西泉丘1-1-5  06-6853-4256 

電話受付  9:30~19:00(火曜日を除く) Eメール mayumi.1225@hotmail.co.jp


講師 武元久一

田辺由美のWINE SCHOOL 認定講師
日本ソムリエ協会認定 シニアワインアドバイザー
C.P.A.認定 チーズプロフェッショナル
2012年06月15日
6月17日(日)

13時~17時の間お休みさせていただきます。

よろしくお願いいたします。
2012年04月14日
「テスランさんの美味しいワインとお食事を楽しむ会」

この度、フランス・ラングドック地方の「ドメーヌ・ド・ラルジョル」のルイ・マリ・テスランさんをお迎えしてワイン会を開催します。

ちょうど3年前にはご夫婦でお越しいただきました。

大勢の方にご参加いただき、とても楽しい会となりました。

今回は、双子ちゃんのお孫さんが誕生されるため奥さまはお越しになりませんが、いつも陽気で太陽のようなルイ・マリさんと再会できることとなりました。

前回ご参加頂いた方はもちろん、初めての方もぜひご参加下さい!


ドメーヌ・ド・ラルジョルでは、「良いワインは良い葡萄から」をモットーに広い畑の葡萄の樹1本1本を大切に育てられています。

また、市場の求めるものを的確に察知し、自らのワインに反映させ、約20種類ものワインが造られています。

すべてのワイン愛好家が、必ず気に入るワインを見つけ出すことができるといっても過言ではないワイナリーさんです。

 
ルイ・マリさんのお話をうかがいながら、そのワインをいただき、お料理とのマリアージュを楽しんでいただきたいと思います♪

やはり、乾杯は「Vendanges d’Amour愛の収穫」と言う名のスパークリングワインで行います。

そして、前回とは違うアイテムの白ワイン2種類、赤ワイン2種類をご用意いたします。


日時  2012年6月12日(火)19時30分~

会場  Cafe&Dining ぐれいんぢさん

     豊中市西泉丘1-1-1-1F

     06-6855-5644

     阪急バス 熊野町 バス停すぐ 

会費  8,000円

定員  30名(お申し込み先着順) 

*たくさんのお申し込みありがとうございました。満席となりました。2012.5.23


㈱たけや商店 TEL・FAX 06-6853-4256 

Eメール mayumi.1225@hotmail.co.jp
2012年03月14日

2011年12月02日

takeya.ocnk.net/product/233

今回このワインの紹介が出来て嬉しいです。

なぜなら、このワインは僕の大好きなワイナリーさんのワイン、その中でも一番のお気に入りのワインだから。 

うちの店は、ワイン選びをおまかせして頂く場合が大変多く、「おすすめは?」と聞かれたら、僕の頭には、このワインがいつもすかさず浮かんできます。

「おとうさんは、コレばっかりやな」と家内に笑われるほど。こればっかりおすすめしているうちに在庫が少なくなり心細~くなっていました。

当店のワインは直輸入です。注文してから3ヶ月ほどかかってしまうので、このワインの到着を僕は首を長~くして待っていたわけです。

このたび、やっと入荷し、みなさまにご紹介させていただくことができました。

少し前のことですが、ワイン教室の生徒さんとの話の中で「シャトー・ラトゥールとやらを一度飲んでみたいね」ということになりました。

といっても、7万円ほどするので、みんなで5千円ずつ出し合って飲んだことがあります。

僕は、シメシメ、この「パラドックス」と飲み比べようではないかと思いました。

はじめから「シャトー・ラトゥール」に勝てる自信は満々でしたが。

な、な、なんと、全員一致で「パラドックス」に軍配があがったのです。

このワインは、フランスのラングドック地方の中心都市モンペリエから西へ40kmほど行った小高い山の裾野にある「ドメーヌ・ド・ラルジョル」というワイナリーで造られています。

「なぜ、これだけぶどう栽培に適したラングドック地方で、ボルドーより優れたワインが出来ないのだろうか・・」と、このワイナリーのオーナーのルイ=マリ・テスランさんは常に自問していました。

家族との絆、そして人との出会いを何よりも大切にし、いつも笑顔を絶やさないテスランさんが僕は大好きです。

そんな彼が真剣にボルドーへの挑戦を考え、ボルドーを越えるを日を夢見て、試行錯誤が始まりました。

ボルドー品種を使って真っ向勝負し、失敗の連続だったそうです。

僕に「フランスに家族が出来たと思って下さい」と言ってくれた、とても優しいお父さんのような彼からは想像できないけれど、ワイン造りとなると顔つきが変わるそうです・・(笑)。

そして、1997年に、彼はひらめいた。「ボルドーに対抗するからといって、ボルドー品種にこだわることはない」

彼の持ち前の柔軟性が、ボルドー品種と南仏品種の組み合わせを思いついたのです。

その結果、重厚でありながら、たっぷりの果実味の中にスパイシーさが溶け込んだ、驚くべき味わいのワインが完成しました。

遂に、ワインの女王であるボルドーワインを越えた「ラングドックワイン」が!!

常識を覆すことになるこのワインに、彼は「逆説=パラドックス」と名付けたのでした!!!

最近は、円高の影響でずいぶんお求めやすくなりました。

この味わいで5,410円とは、「シャトー・ラトゥール」の約14分の1

絶対お買い得です!

ただし、数に限りがありますのでご注文先着順とさせていただきます。

長いご案内を最後までお読み頂きありがとうございました。

ご注文は、TEL&FAX06-6853-4256  または  http://takeya.ocnk.net/product/233 でどうぞ!

2011年10月21日
★ 2000年の世界No.1ソムリエ、オリヴィエ・プシエ氏が、「見つけたら迷わず買うべし(ドーピアック・ルージュ)」と大絶賛!
★ 「アラン・デュカス」、「ジョエル・ロブション」、「ジョルジュ・サンク」など、数多くの星付きレストランでオンリスト!
★ トラックの荷台からスタートし、消えゆく品種を大切に守りながら、南仏のニューリーダーになったシンデレラワイナリー!
★ 理想のワインを造るため、病と闘いながらも、ダイナマイトを使って畑を開墾したド根性!飲むと元気になれるワイン!

① 2010 レ・コカリエール  <白・辛口コクあり> 4,180円

http://takeya.ocnk.net/product/303

爽やかさと余韻の長さが特徴。ハーブの香り、ミネラルが豊富、長期熟成が可能なワインです。

白身魚のチーズ焼き、サラダやアペリティフとのとの相性抜群!

ぶどう品種 ルーサンヌ、マルサンヌ、ロール、グルナッシュ・ブラン各25%


② 2008 レ・コカリエール  <赤・コクあり> 4,450円

http://takeya.ocnk.net/product/211

爽やかな酸味とベリー系果実のアロマが豊か、飲み口が優しく、ふくよかな味わい、今飲んでも美味しいし、熟成させても酒質が上がるポテンシャルの高いワインです。

鴨のローストきのこ添えや、鶏、鯖などを使った料理との相性抜群!

ぶどう品種 シラー40%、グルナッシュ30%、ムールヴェードル30%


①+② 8,630円を ただ今、セットで、8,000円で販売中です。


限定入荷!先着順とさせていただきます。


ご注文は、店頭、電話、FAX、Eメールで承っております。

TEL・FAX 06-6853-4256  Eメール mayumi.1225@hotmail.co.jp

2011年07月16日
★ワインコンクールには一切出品せず、自分たちの信念のワイン造りを貫く!

★それでも周囲がほっとかない!ヴァンソーブルを代表するスター的生産者!

★テロワールがうまく表現され、生命力にあふれた素晴らしいワイン!

★2003年からビオディナミ実施!公的認証「デメテール」に加入!

★樽を一切使わず、ピュアなぶどうとテロワールの味を最大限に尊重!


http://takeya.ocnk.net/product/318


~~~~テイスティングコメント~~~~

力強く、凝縮感たっぷりなのに、とってもなめらかでエレガント。

ボルドー好きの方にもブルゴーニュ好きにも、

すべての方に気に入っていただける赤ワイン。

手摘み収穫、35hl/haという驚異の収穫量。

天然酵母での自然醸造。


~~~~食事との相性~~~~

とんかつ、イワシのピザ風


~~~~ぶどう品種~~~~    

グルナッシュ60%シラー15%サンソー15%ムールヴェドル+カリニャン10%


限定12本!先着順とさせていただきます。
2011年06月16日
僕も飲んでびっくり!几帳面なアミロさんのこのワイン大好きです!

http://takeya.ocnk.net/product/174

★フランスのワイン専門誌RVFで、世界No.1ソムリエが「ロワール最高の赤ワイン」と大絶賛!

★ブルグイユワインコンクールで、最優秀賞を獲得!

★「トゥール・ダルジャン」「ラストール」など数々の星つき一流レストランでオンリスト!

★フランス最高ワインガイドでは「カベルネ・フラン・マニアの好みさえ変えてしまう
 魅惑的で素晴らしいワインと紹介!

★どのガイドブックでも評価が高く生産量も極わずかなため入手困難な超レアワイン!

根っこが地中奥深く伸び、ミネラル分を吸い上げたぶどうは、ワインになると塩っぽさが感じられ魚料理にもぴったりマリアージュします! 

~~~~テイスティングコメント~~~~

ラズベリーのような豊かな果実香、繊細で優雅な飲み口、柔らかな渋味が広がる
ツルっとした喉越しの良い上品なワインです。

~~~~食事との相性~~~~

ポークビーンズ、グリルした鶏肉や豚肉、サーモンのソテーや焼き魚にも。

~~~~ぶどう品種~~~~    カベルネ・フラン 100%

限定12本!先着順とさせていただきます。
2011年05月09日
今回は、ラングドック地方サン・シニアン村のクロ・バガテルさんのお話です。



僕は2009年9月に、このワイナリーを訪問しました。

そして、一緒に行った仲間約10人で、ぶどう畑の一区画の収穫をさせていただきました。

その上、そのぶどうだけで、ワインを造ってくれました。

普通そんなことしますか?

9月といえば、ワイナリーさんにとって、一年で一番忙しい時期です。

邪魔者でしかないはずなのに・・。

こんなに素敵な笑顔で迎えてくれたのです。



こんな粋な兄妹の造るワインは、愛情が詰まった、

それは、それは美味しいワイン達です。

今回は、このワイナリーのトップキュヴェをご紹介します。

このぶどう園の歴史は非常に古く、1623年に遡ります。

1963年にはアンリ・シモンという人物がこのワイナリーを引き継ぎました。

彼がこの兄妹のお父さん。

すべてそのお父さんが築き上げたといっても過言ではありません。

兄のリュックさんは、まじめを絵に描いたような人物、

2歳年下の妹のクリスティーヌさんは明るく笑顔が素敵な行動派。

1990年より、この二人が引き継ぎます。



でもある時、リュックさんは、

「父のために、その偉大な父を越えたい」と思うようになりました。

出した結論は「父に負けない最高のワインを造ること」

そして、黙々とワイン造りに没頭しました。

こうして完成したワインが「ラ・グロワール・ド・モン・ペール」

迷わず、「父の栄光」と名付けたのです。

その父は、2004年7月19日、息子の成長を見守りつつ永眠、享年64歳でした。

その2004年ヴィンテージより、

「ラ・テール・ド・モン・ペール」父の大地と改名しました。

http://takeya.ocnk.net/product/286

このワインは、リュックさんとクリスティーヌさんの

お父さんへの尊敬を表したものです。

特徴のある瓶の形は、肩が張ったたくましい父親をイメージしています。

数々の有名三ツ星レストランでも大人気のワインです。

「ヴィナリー・インターナショナル・ワインコンクール」で

みごとグランプリ優秀賞を受賞しました。

年間生産量はたった14,000本です。

ワイン一本一本にナンバーが打ってあります。

父の日のプレゼントにぴったりなので特別にわけていただきました。


~~~~テイスティングコメント~~~~

非常に濃く、深い色調。黒い果実の甘く、豊かな香り、スパイスを感じる繊細で複雑な香り。
豊潤な味わいとエレガントなタンニン。長熟タイプだが若くてもフルーティさが心地よい。

~~~~食事との相性~~~~

仔羊、牛肉、鴨のグリル。
猪などのジビエ、スパイスの効いた料理。
ガトー・ショコラともぴったり。

~~~~ぶどう品種~~~~

ムールヴェードル40%
グルナッシュ30%
シラー30%


数に限りがありますのでご注文先着順とさせていただきます。

尚、無料にてラッピングも承りますのでお気軽にお申し付け下さい。

長いご案内を最後までお読み頂きありがとうございました。

ご注文は、TEL&FAX 06-6853-4256 まで。 

または、http://takeya.ocnk.net/product/286 でどうぞ。
2011年03月31日
今回は、ロワールの鉄人のマルク・ペノさんのお話です。

それは、マルク・ペノさんがワインを造り始めた1980年のこと、世界中の白ワインと、フランスのロワールのミュスカデのワインを飲み比べ「なんて酸っぱくて薄っぺらいワインなんだろう」と驚愕したといいます。

それ以来「世界一美味しい白ワインを造ってやろう」と、マルク・ペノさんの挑戦が始まりました。

良いと思ったことは何でもやってみないと気がすみません。

実験と失敗を繰り返しながら、独自の製法を開発し、自然なぶどうの旨味がたっぷり感じられる美味しいワインを造るようになりました。

ところが、そうなると旨味がありすぎて「ミュスカデらしくない」とAOCミュスカデを名乗れなくなりました。

でも、そんなことは、マルク・ペノさんには関係ありません。

だってAOCミュスカデよりも美味しいんだから!

今では、法律に縛られることなく「ヴァン・ド・フランス」として堂々と「本物のワイン」を造り続けておられます。

ある年のことです。醗酵させるタンクが足りなくなり、泣く泣く地下の小さなコンクリート槽に入れました。

地下は低温に保たれており、アルコール醗酵がゆっくりと進み、翌年の夏まで続きました。

こうして出来上がったワインをパリのワインショップのオーナーのオリヴィエ・カミユさんが飲み、「シャポー」脱帽ものだ!と、たいそう感動し「気に入った、全部売って欲しい!」と言ったというワインです。

山高帽を意味する「シャポー・ムロン」と、ミュスカデの別名「ムロン・ド・ブルゴーニュ」より、ワイン名は「ムロン」となり、カミユさんのお店にもワインと同じ帽子が描かれています。

この写真は、2007年に、うちの息子がパリに行き、カミユさんのお店を訪れた時のものです。



どうして、こんなにぶどうの旨味が感じられるのか?

それは1本のぶどう樹から収穫するぶどうの量にあります。

2009年9月にマルク・ペノさんを訪れ驚きました。

1本の樹から約15房のぶどうを収穫するのがふつうですが、ここでは、たった3房!



もう収穫が終わったと勘違いするほどです。

1本の樹が吸い上げる養分には限界があります。

収穫量を抑えることによって凝縮したぶどうとなり、ワインに厚みが出来ます。

それが美味しさの秘密なのです。

また、自然の味わいを大切にしたいと、醗酵中には一切、酸化防止剤を使いません。

(酸化防止剤は、ワインを飲んで頭が痛くなったり、悪酔いをする原因となります)

旨味を残すため、ろ過もしません。

「世界一美味しい白ワインを造りたい」というマルク・ペノさんの傑作です!

 いかがでしょうか?

ワインの中に炭酸ガスが残っているので「王冠」で栓をしたユニークなワインとなりました。


~~~~テイスティングコメント~~~~

優しい口当たり、心地よい酸味がいつまでも続きます。

約30種類の天然酵母の複雑な味わいとピュアなぶどうの風味が際立っています。


~~~~食事との相性~~~~

白身魚の刺身、魚介料理全般、フレッシュチーズ



生産量が大変少ないのに、熱狂的なファンがいて、パリでも極一部の専門店にしか置いてない希少なワインです。

数に限りがありますのでご注文先着順とさせていただきます。

長いご案内を最後までお読み頂きありがとうございました。 


ムロン マルク・ペノ  750ml  

http://takeya.ocnk.net/product/24



ご注文は、㈱たけや商店 06-6853-4256 まで
2011年01月28日
チーズ初心者から自称チーズ通の方まで、年齢や職業を問わず、チーズが好きならどなたでもチャレンジできます。

詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.cheesekentei.com/lecturer/takemoto_hisakazu.html

お申込み締め切りは、2月25日(金)です。

検定試験終了後、「チーズとワインのマリアージュを楽しむ会」を企画しております。
2010年12月18日
期間 2011年1月~6月 毎月1回 全6回

会費 6回分一括 18,000円(ワイン・チーズ代含む)

会場 ①店舗 第3木曜日 19:00~20:30

         第2日曜日 14:00~15:30

    ②緑地駅ビル 2F 文化センター

         第3火曜日 11:00~12:30


*詳しくは「ワイン教室」のページをご覧ください。

http://takeya.ocnk.net/page/5

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス