大阪・豊中 ワイン&スクール <資格を取得するコースから、楽しみながら学ぶコースまで> TEL&FAX 06-6853-4256 電話受付9:30~19:00(火曜定休)
ホーム二次試験対策直前講座

 

二次試験対策直前講座のご案内

 

2016年 二次試験が残念ながら不合格だった方、

絶対あきらめないでください。

合格を勝ち取りましょう!

 

2017年 一次試験に受かってしまった!

一次試験に手一杯で二次試験の対策してなかった!

でも大丈夫。基礎からしっかり学べます!

 

2017年度「二次試験対策直前講座」では、

テイスティングコメント選択方法の目安をより実践的に学べます。

本番さながらの講座です。テイスティングの最終チェックに最適です!


◆会場   大阪府豊中市西泉丘1-1-5   06-6853-4256

        ワイン&スクール「たけや」店内

        北大阪急行(御堂筋線)桃山台駅より 阪急バス6分 熊野町バス停前

        *テイスティングがございますのでお車でのご来場はご遠慮下さい。

 

講師  武元 久一

<プロフィール>http://takeya.ocnk.net/page/15

 

◆ 日程 

 

① 9月3日(日)14:00~17:00  受付終了しました 

 白ワインの基礎4種類テイスティング講座 10,000円

 

②  9月10日(日)14:00~17:00 受付終了しました 

 赤ワインの基礎4種類テイスティング講座 10,000円

 

③ 9月17日(日) または、9月18日(祝) 両日13:00~17:30 受付終了しました

   全資格受験者対象テイスティング講座 各27,000円

      ワインブラインドテイスティング(12種)、スピリッツ・リキュール他(30種)

      17:30~20:00 フリーテイスティング、個別指導

 

 ④ 9月24日(日)14:00~18:00 受付終了しました 

    前日テイスティング模擬試験 12,000円

             本番さながら 

      「白ワイン2種、赤ワイン2種、スピリッツ・リキュール2種」を2セット

             18:00~20:00 個別指導

 

 ■持ち物 筆記具

 

■受講料  ① + ② + ③ = 47,000円 のところ 41,000円

      ① + ② + ③ + ④ = 59,000円 のところ 51,000円

 

■お申し込み締め切り 9月21日(木)

 

■定員 各講座12名 お申し込み先着順

 

お申込みはこちらのフォームよりお願いいたします。

受付終了しました。

 

メールにて受講料の振り込み先をご案内いたします。 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2017年 合格者の声  

 

 

武元先生

昨日ワインエキスパートの合格発表がありました。

私の番号が、載っています!

テイスティング素人の私でしたが、先生に導かれて

奇跡が起きたと思います。

身近に先生の教えを受けたもう一人の先生がいたことも

非常に恵まれていました。

ワインの勉強は始まったばかりでこれからも続きます。

今後ともお世話になるかと思いますので、よろしくお願いいたします。

ありがとうございました!

T様 (ワインエキスパート)

 

 

 

武元久一先生、武元まゆ美先生 

おはようございます。

先程二次試験の発表があり、番号ありました。

良かったです。

お陰様で何とかこうにか合格することが出来ました。

ギリギリだったと思います。

苦節3年かかりました。

これまで色々とご指導いただいたお陰です。

今回の回答以下記載させていただきます。

なかなか厳しかったと思います。

 

     《小職の回答》                《正解》

白1    ソーヴィニヨン・ブラン NZ 2016           ソーヴィニヨン・ブラン チリ 2015

白2    シャルドネ      2015                        ミュスカデ 2016

赤1 ピノノワール 2014                               ガメイ 2015

赤2    カベルネ・ソーヴィニヨン 米 2013         マルベック アルゼンチン 2015

その他 リカール             サンブーカ

 

白1  品種はSBは合っていたのですが、まさかのチリでした。

   試験日前日の模擬試験第1回の2番目のワインにチリのSBの出題がありました。

   今後出題される可能性はあるとのことでしたが、まさかの、その通りで的中しました。

   ただ、ニュージーランドとチリとの峻別は出来ませんでした。

      収穫年、生産地は外しましたが、それ以外のコメントはぼぼいけていたように思います。

   少し自信がなかったので、ミントにとどめ、ヴェルヴェーヌにはマークしませんでした。

 

白2 しっかりとした酸はあったので、冷涼な地域と判断しましたが、見た目より香りは控えめでした。

   少し微発砲しているような気はしたので、ミュスカデを疑うべきところでした。

   もし、そうであれば、シュールリーのパン・ドゥ・ミの香りも取れたかもしれません。

   主要3品種以外には目もくれず、白1がSBで、リースリングの石油香はなく、冷涼産地と判断

   したので、フランスのシャルドネとしました。

   ミュスカデをもっと疑っておくべきでした。

 

赤1 淡いワインということで、ラズベリー、ブルーベリーを軸に選択しました。

   選択枝にマスカットベーリーAがなかったので、ピノ・ノワールかガメイのどちらかの判断に

   なりましたが、紅茶の香りもとれたのでピノ・ノワールとしました。

   紅茶は事と場合によっては、致命傷になったかもしれません。

 

赤2  濃い系なので、カヴェルネ・ソーヴィニヨンかシラー、またはイタリア品種のどれかに

   該当するのではないかと考えました。

   ただし、イタリア品種は選択枝にはサンジョベーゼだけでした。

   地域としては、果実実と濃縮感から暖かい地域と判断しました。

   選択枝にもある、ジンファンデルであればもっと果実実が全面に出て、

   ジャムっぽさも弱かったので外しました。

   マルベックも過ぎりましたが、主要品種に焦点を当てた回答をしました。

   動物的な香りはしたのですが、シラーズは外し、王道のカヴェルネ・ソーヴィニヨンと

   判断しました。

 

その他 リカールとして間違いました。

    水を入れて白濁したので、てっきりリカールと回答してしまいましたが、

    リカールは色が黄色でした。

    白濁するものは他にもあり、サンブーカもそのひとつでした。

    もう少し慎重に考えれば正解出来たと思います。

    それ以外の選択枝、テキーラ、芽台酒でしたが、対象外でした。

    芽台酒は知りませんでした。

    

参考までに当日使用した白ワイン、赤ワイン用語選択用紙を添付させていただきます。

変更箇所記載させていただきます。

 

《変更箇所》

○外観 濃淡 薄い(無色に近い)   → 無色に近い

            外観の印象 若い → 若々しい (白・赤共通)

          軽い → 軽快な  (白・赤共通)

 ○香り 香辛料・芳香・化学物質 ペトロール 選択肢から消えました。

 

U様 (ワインエキスパート)
 

                                  

 

二次対策受講させていただいたTです。

報告遅くなり申し訳ございません。

お陰様で二次通過できました。

ありがとうございました。

T様 (ソムリエ)

 

 

 

2016年 合格者の声 

 

 

先日はソムリエ合格のお祝いの言葉をいただきありがとうございます。
 
合格発表は去年でしたのに、報告しなくては‥と思いつつ
 
かなり日にちが経ってしまっていました。申し訳ございません。
 
実技試験の、正解率、ワイン三種その他二種で、
 
なんと国と品種が正解したものはワインでは1つだけ、
 
その他のお酒の正解も1つだけの2/5でした‥
 
でもコメントについては自信があり、
 
ワインスクールに通わせてもらったおかげだと思っています。
 
本当にありがとうございました!
 
まだ小さい子供を子育て中なので、
 
ワインを扱う仕事をいつ再開できるのかわかりませんが、
 
これからも常々、勉強しながら過ごしていきたいと思います。
 
和飲通信も、いつも楽しみに読んでいます。
 
またお店にも遊びに行かせてください!(^^)
 
I様 (ソムリエ)
 
 
 
 
 
こんにちは!!
 
先生、大変お世話になりありがとうございました
 
2年目にして無事合格できほっとしております。。
 
自身の環境の変化により
 
2年目はほとんど勉強らしきことはできずにいましたが
 
先生の2次試験直前講座を受けさせていただき、
 
忘れかけていたこと少しづつ思い出すことができ、
 
前年理解できずにいた部分も再認識でき合格につながったと思います
 
最後まで頑張れたのもご夫婦の応援があったからだと感謝しております
 
また少しづつでもワインに接していきたいと思っております
 
本当にありがとうございました
 
I様 (ワインエキスパート)
 
 
 
 

私は、一次が受かるかどうか自信がなかったので、

取り敢えず一次が受かってから二次の事を考えようと、

安直な考え方を持っていました。

一次は独学でギリギリ合格出来ましたが、

二次は数日勉強して、独学では無理な事に気付きました。

ワイン&スクールたけやのテイスティング講座に通っていなければ、

間違いなく不合格でした。

今思うと一次も体系的に理解出来ていない所が多々あり、

スクールに通っておけば良かったと後悔しています。

自己採点で正解が7割切れていたので、一次に合格出来たのは奇跡的でした。

一次試験終了後、合格発表まで、また来年も一次の勉強やるのか、

と落ち込んでいた時間は本当に無駄でした。

ワインエキスパート、ソムリエを目指すのであれば、

ワイン&スクールたけやに最初から通うのが良いと思います。

心から感謝しています。

有り難うございました。

Y様 (ワインエキスパート)

 

 

武元先生 奥様

2016年度ソムリエ試験 合格に導いて下さりありがとうございました

一次合格の後、慌てて二次、三次と試験対策講座を受講させていただきました

的確なアドバイスをいただき、本番では落ち着いて挑めました(笑)

おかげさまで、ようやくスタートラインに立てました

今後とも、よろしくお願いいたします

H様 (ソムリエ)

 

 

本番形式で1週間前に3セット、前日に2セットを受講しました。

20人ほどで緊張感もありながらの講座でした。

講座では、コメントを終えた後、

先生から模範回答を丁寧に教えていただけます。

そして点数が悪かった際は、終了後面談の時間を取ってくださり、

納得がいくまで質問ができました。

大手スクールの講座も受けましたが10分程度の模範回答が伝えられて終了、

その後のフォローもなしという講座が多いため、

のように手厚く指導頂けたので

たけやさんを選んで良かったと感じています。

T様 (ワインエキスパート)

 

 

武元先生

お世話になります。

無事合格してました。

先生のところに通ってなければ難しかったと思います。

本当に有り難うございました。

Y様 (ワインエキスパート) 

 

 

武元先生、こんにちは。

二次試験対策直前講座ではお世話になりました。

正式な合格通知が来てから連絡させてもらおうと思ってたので

連絡が遅くなり、すいません。

今回初めての挑戦にて無事に

ワインエキスパートに合格する事が出来ました。

武元先生夫妻のおかげだと思っております。

本当に有難う御座いました。

いつかはソムリエ資格取得も考えていますので、

その時は宜しくお願い致します。

K様 (ワインエキスパート)

 

 

お世話になります。

おかげ様で合格できました。

ありがとうございます。 

F様 (ワインエキスパート) 

 

 

2次試験対策ありがとうございました。

お陰様で無事に合格する事が出来ました。

I様 (ソムリエ)

 

 

2次の勉強会ではお世話にになり、

有難うございました。

何とか2次を通過することができ喜んでいます。

N様 (ソムリエ)

 

 

おかげさまで無事、

二次試験に合格することができました。

ありがとうございます。 

I様 (ソムリエ)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 2015年 合格者の声

 

なんとか合格いただくことができました。

コメントではシラー一種以外、

練習通りの流れで答えられましたので、

ほとんどソムリエ協会の解答と合致していました。

本当にありがとうございました!

M様 (ワインエキスパート)

 

 

武元 先生御夫妻へ 

エキスパート試験、合格しておりました!目を疑いました。

昨日は、何度速報アクセスしても見れず、やっと見れました。

二次対策皆無だった私が、先生方の分かりやすいテイスティングセミナーのおかげです。

本当にありがとうございました!!!

ご存知のように、私の超初心者レベルで受かったので、来年の受験生の方々のご参考になればと思い、

二次試験の様子をご報告させていただきます。

長文になり失礼します。

まず、白ワインの一番終了後で、15分も経過!ここから焦りまくり最後までパニック状態でした。

品種絞っても、頭の中が白く、模範コメントがちゃんと思い出せなくなりました。

そのため、香りは「果物・花・植物」なのに、自信のない植物を避け、規定数全て果物ばかり選んでしまいました。

また、マークシートの苦手な私は、転記する際に間違えないようコメントのマーク数を、

解答用紙からチェック用紙にいちいち書いたため、時間を使い過ぎました。

結局、その後焦ったため、試験終了直後にマーク漏れ発見!という体たらくでした。

時間不足だろうが何だろうが、スラスラ出てくるまで、模範コメント暗記が必要でした。

☆テイスティング

白ワイン①→
ペトロール香ありリースリングとわかり、残糖が感じられなかったので、独は除外したものの、

                  仏にしてしまいました。

白ワイン②→ヴァニラ香と樽香あり、シャルドネに。
華やかな香りのわりには、口に含むとスッキリと上品だったので、

        仏にしました。

        が、焦って、香り・味わいのコメントが赤ワインのものを選んだりして、ズレました。

赤ワイン③→外見が明るく、ピノ・ノワールと思い込み、赤系で通してしまいました。

        なんか、おかしいなぁと思いつつも、土っぽいイタリア系でもなし。

        結局、香りや味わいでも、シラーとは気づかず。

赤ワイン④→黒系の外観で、黒胡椒の香りもなく、甘くてハデな強い香り。

        味も前日飲んだのに似てる、カベルネソーヴィニヨンUSAに。

        が、焦りまくり、香り・味わいコメントがズレました。

自習テイスティングの時も何度かは短縮時間でしましたが、もっと、短め練習すべきでした。

年は、今、一番手に入りやすいと聞いた2012年を中心に答えました。

リキュールは残り1分で、両方外しました。

☆その他

○挙手による水のお代わり可能でした。

○オリエンテーション時に白ワインの一番を配り、開始後、順次、配られました。

○やはり、間接照明とテーブル縦幅狭くて、赤ワインの色が判断しにくかったです。

☆まとめ

結局、焦りすぎて、コメントが「ソムリエ協会の感覚」でなく、自分の感覚に引きずられたのが、敗因と思っていました。

テイスティング練習は白ワインからしたため、赤ワインが後回し・練習不十分なったので、

難しい赤ワインから練習すべきだったと思います。

また、知らない植物や香辛料の香りが想像できず、記憶の定着困難だったので、早目に、出来るだけ確認すべきでした。

取り急ぎ、ご報告まで。

小春日和続きですが、どうぞご自愛くださいませ。皆様にもよろしくお伝えください。

E様 (ワインエキスパート)

 

 

武元 先生御夫妻 様 

 

私はワインアドバイザーを受験させていただいたのですが

ギリギリだった一次試験に続き、何とか先生方の御力添えで

二次試験認定予定者の番号の中に自分の番号を確認することができました。

 

おそらく、この講座に参加していなければこの結果に
 
結びついていないというか、ダメだったと思います。

 

二次試験については、品種・国・その他の項目も
 
選択肢が予想以上に少なく、自分としては講座の内容を
 
頭に思い浮かべて選択肢を一つ一つクリアすることで
 
テイスティングについては、何とかクリアできたと感じていました。

 

時間も10分前には一通り終えることができ、選択数に間違いが
 
無いか確認する時間もできました。 ところが・・・
 
なんと5つも選択数不足の間違いがあり、時間内に訂正できたのは
 
ラッキーと言うしかなく、講座に参加していなければ時間も足りず
 
全く歯が立たなかったのではと思います。

 

解答を見てリキュールで1つ間違っていて、あとの品種・国
 
については答えることができていました。

 

品種は違っていても選択肢としては間違っていない点や
 
品種は同じでも南北による違いを講座で教えていただき
 
まだ、もや~っとしてる部分はあるものの、自分の中でそういう答え方で
 
いいんだという考え方ができてきたことが何よりの成果だと思います。

 

ワインアドバイザーには口頭試問がありますが、
 
私はボロボロでした、8問中2問ぐらいしか
 
正確には、1問ぐらいしか言えているようないないような・・・
 
本番の試験に入る前の受験番号と名前を聞かれた段階で
 
受験番号?何番だっかな?
 
この時点で、頭はパニックになってしまいました。
 
もし、今回ダメなら来年は二次試験免除でも
 
この口頭試問が有る限り絶対ムリだなと思っていました。

  

今回、なんとかすべり込みで認定していただけそうですが
 
(まだ、正式な結果ではないと思いますので)
 
これから、もっと勉強して足りない部分を補っていく
 
必要を痛感いたしました。

 

ひとまず、先生方にお礼を言いたくメールさせていただきました。
 
ありがとうございます。
 
また、お店にお邪魔させていただきます。
 
今度はチーズかな~
 
 
H様 (ワインアドバイザー)
 
 
 
 
おはようございます。

ソムリエ試験、合格していました\(^o^)/

番号を見たとき、涙がでました。

テイスティングが手応えがなかったので、ほんとにうれしいです。

ありがとうございました!

取り急ぎ、ご報告まで。
 
T様 (ソムリエ)
 
 

先生と奥様にお会いできていなければ到底合格は無理だったと思います。

本当にありがとうございました!

これからはもっと勉強していきます。


 
約4年前、ワインに出会い

ソムリエという職業を目指すなんて考えてもいませんでした。

目指し始めてスクールにも通う暇もないため、

短期スクールを探したところたけやさんに出会いました。

一次試験、二次試験ともに一回ずつ不合格を経験しましたが、

武元先生ご夫妻の根気と暖かい応援に励まされて、

3年越しで資格を取得できました。

途中諦めようかと考えた時期もありましたが、今は達成感が心地よいです。

ソムリエは資格を取ってからが勉強と先輩から教えられてきたので

今後はさらに勉強を重ねて、周囲にワインの素晴らしさを伝えていければと思います。

先生、奥様、本当に最後までありがとうございました。
 
またお伺いさせていただきます!

 

O様 (ソムリエ)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

*お申し込みお問い合わせは、店頭、電話、FAX、Eメールでも承っております。

TEL・FAX 06-6853-4256  

Eメール mayumi.1225@hotmail.co.jp 

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス